2009年5月20日

Admilaation






みんな憧れの人はどれくらいいるのかな。
僕は興味のある業界に必ず1人は憧れてしまう人がいる。

例えば今の仕事の世界なら藤本やすしさん率いるCAPは相当かっこいい。
というか、かっこいいと思った雑誌の表紙は殆ど藤本さん絡みなのが多い。

STUDIO VOICE,BRUTUS,VOGUE JAPAN,Casa,WWD,GQ...数えだしたらキリがないくらいクオリティーの高い物を生み出している集団。




僕は仕事でもプライベートでもあまり群れるのが嫌いなんですが、こういう魅力のある集団は本当にキマってるな。 かっこいい。



建築業界なら安藤さん、POP ARTだったら、Andy WarholとKeith Haringは外せないしね。

2009年5月18日

H1N1



物凄い勢いで新型インフルエンザ(H1N1)が進んでて、神戸を中心に国内でも猛威を振るってるね。
僕の家と、国内感染1号が出た神戸高校ってすごい近いし神戸高校や新たに感染者のでた六甲高校なんで僕の利用するバスを使用してたりするので非常に緊張してます。

僕もマスクを欠かさず使用してるけど、土曜日なんて神戸中の薬局・コンビニからマスクが品切れになってました。街中マスク着用者ばかりで、異様な光景。
パンデミックに踊らされる事無く、冷静に対処しなきゃね。

2009年5月12日

GW tour in Tokushima


Day 2,at Tokushima


鳴門海峡大橋を渡り、鳴門海峡記念館を散策しライダー憧れの鳴門スカイラインを堪能し途中、鳴門の廃墟を眺める。




このスカイライン道中には過疎化の影響なのか、はたまた観光産業衰退の影響なのか廃墟が目立っていた。

とても眺めのよいホテル跡地なんで、さぞかし昔は栄えたであろうメトロポリスは姿を変え、現在は徳島ヤングガイズ達の心霊スポット化してるらしい。。
廃墟があるって事は行政から考えれば負の遺産でしかないかもしれない。

事件、事故、火災、犯罪などの不安因子は数えればキリがないし、プラスに働く要素はほぼないに等しい。
しかし廃墟の美学というのは必ず存在していると思うし、有名な軍艦島や僕の大好きな神戸にある摩耶観光ホテルなど当時の生活を現代に語る歴史新聞にすら成りえると思う。

管理者の考えとは正反対だろうから何とも言いがたいけど...。




2009年5月8日

GW tour in Awaji


夢のようなGWもすぎて、仕事はバタバタ。久々に開いた会社のPCには嫌がらせのような数のメールが。。
ついに現実に戻ってきました。

さて、夢のようなGW、僕は淡路~徳島を旅してきました。
淡路といえば、去年の夏振り、徳島といえば2年振りくらい。

三年前のGWは母親孝行と称し、鳥取県境港まで足を伸ばし水木しげると野坂昭如の世界に触れ、 (野坂は境港出身ではなく、僕と同じ神戸出身!)

一昨年は単身、福岡へ向かい世界に誇るアーティスト、 Olive oilくんと作品をつくり、出来立てホヤホヤの曲を一路徳島まで持っていき、liveしてた。

その年は秋にも徳島行ったし、多分それ以来の徳島への旅。
高速料金もかなり安くなったし、PAなんかすっごい人混みだったけど、 高校時代の友人たちと一台のワゴンに乗り込み非常に楽しく過ごせました。


.....................................................................................





Day 1,at Awaji।


この日は昼過ぎに集まり、一路淡路へ。
明石海峡大橋はやはり壮大で普段、淡路を本土から眺めてるけれど橋上から眺める神戸の街は本当に新鮮。
玄関口の淡路PAは、いつ行っても超満員で大人気。っていっても実際に利用したのは過去に1度だけしかないし、今回もスルーしたけどやっぱり人気なんだなあと改めて思った。


で、島内をドライブし東浦の漁港へ。
東浦といったら真っ先に思い浮かぶのは、とってもカオスな雰囲気を醸し出している観音様。
この観音様は、僕が以前に関空から飛行機に乗った時、何気に外を見ていたらなんと離陸時に窓から見えた。それくらい大きな像だけど、実は個人所有物だったと知った時はびっくり。。。

しかも今は売りにだされてるって。買う人いるのかな。







観音様の麓で先行して島に行ってた友人をピックアップし、いざ漁港へ。

ありがたい事に、
友人の叔父さんが漁港関係者に話を通してくれておりスムースにBBQが出来た。
僕はハナから宿の事は考えてなかったんけど、その叔父さんの別邸?泊めてくれるとの事だ。

まるで『田舎に泊まろう』さながらの街で、さながらの体験。
普段、City Boyを気取ってる僕らにしたら本当にこういう体験は嬉しいもんだ。

そして叔父さんを交えてのBBQは本当に美味しかったー。

飲んで食って、呑んで歌って。。
まさかのスナックにまで連れてっていただき、本当に世話になりました。

こういった暖かさが本当に嬉しかった。

有難く別邸に泊めていただき、部活動の合宿のように男5人みんなで風呂に入り、大広間で雑魚寝したり、まるで小学生に戻ったかのような楽しさだった。



それでも宴は続く...