2008年1月23日

An encounter and admiration...



掃除してたら久々に懐かしいVHSを見つけました。
そう、sk8してたやつは必ず見たであろう名盤『43-26』。

FESN(fareast skate network)の森田貴宏氏が監督をしてる。
いまはFAT BROSやLIBEってBrandや、ThaBlueHarbのDVDを制作したりしてるのが
記憶に新しい。

このVHSは音楽と映像、共にQualityが高い。
始めて見た10代だったときはただただ画面にしがみついていたなー。

地元神戸の先輩skaterも沢山出てて、
何がヤバいって、神戸のsceneが一番格好よかった事だ。

音楽に関しても、すごい。
サントラまで出たんだけれど、参加artistは
Tha Blue Harbを筆頭にJUZU aka moochy,DJ BAKU,o.n.o など。

その中でもやっぱり神戸の大先輩であるTranssur(JNY THE WEEL,ARCHITECT)が参加してて
本当にすごかった。

僕の原点の1つのerementである事には間違いない作品です。

TranssurのJNY THE WEELは自身のSmooth Productionから12'inch『odyssey-e.p』を出してて
僕の大好きなBeatmakerです。
今、久々に『odyssey-e.p』収録の超名曲"PURPLE ALARM"に針を落としています。
この曲のドラムの移り変わりが相当格好良くて、聴きすぎて今持っている12'inchが既に3枚目です。笑
Alcoholとの相性は抜群の曲であります。

神戸からこの曲が世に出てるのは本当に励みになる。

ARCHITECTも自身のCDも発売してるし、最近は土俵ORIZINにも正式加入しています。
土俵ORIZIN名儀のCD『GRAIN OF IMAGE』ではINDENさんの曲全てを担当しています。

でもクラブから離れると、ちょっと変態なお兄さんであります。笑
そのGapがすごいなーって正直におもいます。
個人的にSnowbordに連れてってもらったり仲良くしてくださる偉大な兄貴です。


ずっと憧れだった先輩skaterだったこの2人と、音楽を通して出会えたっていうのは
本当にすごい事だなって思います。
どっかの雑誌で言ってたけれど、『いつの時代もskaterが2歩も3歩も先をすすんでる』ってのは
本当なんですね!

今日は、そうやって色々な出会いが財産になっていくもんだって改めて思えた、底冷えのする夜でした。



ochiba.

2008年1月20日

Be next to danger...

ちょっと前の話だけれど、面白い広告を見つけました。

AustraliaのSydneyを州都とするNew South Wales州の警察が、路上でのiPod使用を警告するキャンペーンポスターを製作したみたい。
iPod から伸びるイヤホンコードが事故現場に書かれる人の形をした白線のようになっていて、ひと目見ただけで頭に印象が残るデザインとなっている。

実際、AustraliaではiPodを装着してる人の事故が多いみたいで今回の経緯に至ったみたい。
僕もiPod Userだからこの事例に関しては凄く感じてて、街を歩いてる時に怖い経験をした事も
ある。
原付に乗ってイヤホンをしてる人を結構見るけれど、あれは本当に危ないと思う。

自分の欲だけで、済まない問題ってのは山ほどある訳だし、
ここは本当にモラルが問われる部分なので、自身気をつけていかないといけないな。

でも、海外の広告って本当にお洒落。
senceってものが、最大限に尊重されてるなーってつくづく思う。
日本には公共広告機構みたいな 施設側からの規制がかかったりする部分も多いんだろうけど、
表現の自由化が進めばもっと表現力が養われるのにね。

まあ、表現方法で不快に思う人がいる以上ある程度の規制は必要だけれど これは倫理の問題
であると思うし、僕は表現の自由化は大賛成。
真面目な国民性だけで終わらすには勿体ないって思う。


良い音楽を聴いて街を歩くと自然とテンションあがるから、
気持がよい!



ochiba.

2008年1月16日

1.17-1995


また神戸には特別な日がやってくる。

13年前。
突然おとずれた、阪神大震災。

神戸の人間にとっては、一番忘れられない 忘れてはいけない日だ。



13年たった今、思い返しても凄まじい記憶しかない。
 
こうして今、音楽を聴いて旨いメシ食って大切な人と時間を共有してるって事は本当に幸せなんだって再確認させられる。





人間なんて本当に天災にたいして無力だ。

文明だって、無力だ。

でも、それに負けないモンってのは心なんですね。




神戸のみんなは、この日を忘れず 亡くなった人を偲ぶ。

これだけは絶対に辞めちゃいけないよね。








ochiba.

2008年1月15日

Remenber to...


来る2/8に僕の元チームメイトというか、濃い音楽生活を共にしたTAISEIがAlbumを発表する。
自身の拠点、『melt record』からの1発目。

僕がRapを始めて間もない頃、
たまたま出演させて頂いたevent、『INDEX』のorganizerだったのがTAISEIとの出会いだと思う。
意気投合するまで時間は必要としなかったな。

それから色々なeventで競演していくうち、自然と同い年の、同じ音楽の好きな仲間が5人集まった。
それが、僕の支えだったcrew『誠』だった。
この期間に凄い色々な事を教わった。
groupで動く難しさ、各自の方向性とか様々な困難があった。
その中でもTAISEIは、すごく我が強かったし 音を作らせても一番イケてたな。

『誠』は、今現在 機能してないんだけれど 同じ釜のメシを喰った仲間がついに1stを発表した。
正直、めっちゃ期待してるし 今の進化の具合とかも興味津々。
本当に楽しみです。                 (TAISEI at Pi:Z 2008/1/12)

TAISEI

1st ALBUM

「melting point」

2008年2月8日発売
価格:2100円(税込)

全国主要大型CD店で購入可
無い場合はそのお店から取り寄せて頂くか、もしくは
インターネット(Amazon等)で購入出来ます。

■track list
1.breeze cycle
2.fill
3.砂の星 feat.カクマクシャカ  http://kakumakushaka.com/
4.雑踏 feat.humming
5.morning clear  feat.悠然 a.k.a 赤い眼鏡(シーラカンス)/kimaturn360゚ http://clcrecords2008.blogspot.com/
6.ride echo
7.laugh
8.hinemosu feat.GEBO (ART OF VIBES) http://supponrecords.net/
9.モロゾフ feat.MONCHI
(ABNORMAL BULUM@)
http://abnormalbuluma.com/
10.spring river
11.spring river/remix
WODAN(Lo-Vibes production/umbruch recordings) http://www.lo-vibes.com
12.oasis feat.TRIBE ROCK
http://www.spiritualblock.com/
13.night train
14.orange mist

produced TAISEI
mixed 2boy
mastered HIGHTUNE WORKS

art work&desigin
Rob the Hunchback


皆さんも機会があったら是非、聴いてみてください。



何年か振りに、TAISEIと曲作ります。
楽しみです。




ochiba.

2008年1月14日

80's NewYork City...

『style wars』(04' u.s.a)


今日、たまたま行ったCD shopで見かけた1枚。
以前から凄い気になってたDVDで、でも見る機会が無かったけれど、たまたま安価で見つけたので
即購入、即試写会でした。

内容的には80's NewYorkが舞台のGraffityについてのDocumentaly。
自己表現の為のartとして、地下鉄にpaintするwriter達と、それを落書きとみなし破壊活動であると
するNYCの市長、cotch 。
まさに『戦争』というべき社会現象を様々な角度から描き、『Wild Style』と並ぶhiphop movieの古典。

今のartistに多大な影響を与えたもんである。


80'sの象徴として、Rock Steady Crewが出てきたりするのがなかなかアガります。

内容的には★★★☆☆って感じかな。



それより、今自宅にDJ boothを制作中なんですが これがまた難しいの何の...。
幅 約2mくらいの割と大きめのboothを制作中で この上にturntableやCDJ,PCなど生活において切っても
切れないもんを設置予定。
また完成したら、upします。  
部屋の中を観用植物でいっぱいにしようと思ってます。

















その作業を手伝ってくれてる、僕のlive djであり 最高のpartnerであるdj take氏。ありがとうね。

昨夜、彼が出演するeventに行ってきました。
GuestにLibyus MusicからHISOMI-TNPさんがいらしてたみたいです。
僕はdj take氏のplayだけを見て帰ったのですが 久々にじっくり見たけど嫉妬するくらい
格好良かった。 衝撃ってのに久々にあった気がします。

年々深みが増して行く彼のplayは 本当に格好良かった。

これから色々な動きがあるみたいなんで楽しみです。



さて、明日は成人式。
明日のnewsは荒れ狂った若人の狂気がtopを飾るんでしょうね!


さ、明日も9:00amからbooth制作なんでこの辺で。




ochiba.

2008年1月12日

taxi driver...

『taxi driver』(76' u.s.a)


結構昔に買ったDVDなんだけれど、全然観れなくて やっと観た。

若かりしRobert De Niroがなんとも言えない渋さをもってて、fasion的にも楽しめる。
内容は、戦争によってPTSDを患ってるtaxi driverが 何か大きな事をしたいって願望から
行動を起こすって感じなんだけれど、 実に狂気。
結局、流血で解決していき、黒人差別、drug、売春ってstoryは当時のアメリカを象徴してるなー。


結局、英雄と犯罪者なんて紙一重で それは現在様々な事象にも言える事であると思う。

感慨深い映画でした。

『You talking to me??』 この言葉、シビれます。
井上三太の『TOKYO TRIBE』での一こまの意味が、ここをsamplingしてたとは。。



んで、
福岡は親不孝のOlive oil氏がついに2ndを発表します。




ARTIST : OLIVE OIL / TITLE : SPRING BREAK
FORMAT : 2CD+DVD (初回盤) / 2CD (通常盤)
LABEL: WENOD RECORDS
RELEASE: 2008/2/2

まだsample聴かせていただいてないんだけれど、
世間的にも待ちに待った感があるでしょう。 非常に楽しみな1枚です。

すでにThink Tank、DJ KEN(Mic Jack Production)、DJ BAKUから絶賛の声が
出てるみたいです。

Release Tourも開催されるみたいで関西では京都Whopees、神戸Pi:Zが会場です。
僕も神戸会場の方に参加させて頂く事になりました。
詳細はまた後に。
自分的にはcome back的な意味が大きいので焦点がっつり合わせて 負けないように
やりたいです。


今年も良い音楽と、良い人間関係を築いて健康で!




ochiba.

2008年1月10日

organ-noiz.


"organ-noiz."

これは僕がずっと思案してた事を表現出来るevent。
いわば"home"な訳である。
10代の頃から、ずっとclub関係に関わって その中で感じた違和感とか素晴らしさとかを
自分のfilterを通してずっとやりたかった。

僕自身、hiphopにやられてもう長い時間が経つけれど未だに探究心だって湧いてくるし
いかに素晴らしいpartyを自分で作って自分やみんなに楽しんでもらえるかって考える。

partyをorganaizするってのは本当に難しくて、別に黒や赤になるって事が全てではない。
価値観ってものがそこには存在してて、1人の客だけでも楽しませれたら成功ってのもあるし、
すげー数の集客力を誇ってがっぽり稼ぐってのも1つだ。

色んなpartyに行って感じたのは、それが見え見えなpartyほどつまらないもんはないって事。
別に金稼ぐってのも悪くないし、buisiness的に考えたら当然である。
けどそれが見え見えのpartyにはウンザリしてしまう。
organizerの目が$になってたら、会話の1つも成立しない。

かといって、集客力のないpartyには華がない。
というか、入っても100%楽しみきれないって事もある。

本当にpartyを企画するのは難しい。
自分が主催するpartyは自分で自分のやりたいようにするしかない。
別にそのconceptを他人に語る必要はないけれど、
僕は僕のpartyのconceptは客に知られるのは嫌だし、何も考えず楽しんでもらえたら
それでいいとおもう。


一昨年は、もう亡くなってしまったdj klockさん、個人的に仲良くして頂いてるDJ DUCTさんに参加してもらい、
去年はoilworksの面々にも参加して頂いた。
こぞって皆さんにお褒めの言葉を頂いた。


色々な事情で、頻繁に開催は出来ないけれど
今年は開催出来たらなって考えてます。


がっつりね。




ochiba.

Future directionality...

最近、とても勉強したいって思う。
学生時代 まったく勉強しなかったことを今更もったいないなーなんて思ってる。
別に後悔なんて全くしてないけどね。

成り行きまかせ過ごした学生時代。
夜な夜なclubに遊びに行って、liveして、昼はレコ屋にいって今よりhiphopのhって字すら知らないのに
『hiphopが最強でしょ』なんて思ってた時代。

学校で習えない事は、友人とかstreetで生きてる人から学んでた。(←別にhustler的な意味でなくね)

それは自分にとって全然プラスになってるし、
いまでも多大な影響を受けてる部分もある。

でも、今すごく勉強したい。
自分の可能性を広げたいって思う。


あまり目標を定めるのが好きではないんだけれど、目標もなくダラダラ生きてる感が
否めない毎日に感じてきたのね。
向上心とか競争心とかってクソだって思ってた燃え尽き症候群代表だったけれど、
今の充実感じゃ満足出来ない所まで来てしまった。

今年は幸いにも仕事で東京や福岡に行けるし、
空いてる時間はもっと有効に使おうって思います。


珍しく今年は抱負ってのを2つも設定したので、やれるだけやってみようと思う。



夢はあるんだから。




ochiba.

2008年1月8日

フレンチなしあわせのみつけ方

『フレンチなしあわせのみつけ方』(04' france)


そんな題名のfrench movieを見た。
まあfrench特有のボヤけた感じの表現方法というか、
最終的に何が言いたいのかってのをはっきりと明確に理解させないような、
観てる人に考えさせる感じである。

3組のカップルの結婚に対する価値観を主張しあうような、
でもどれが正しいでもなく...という風なstory。

parisの街並みはやっぱり綺麗で、french movieは映像美が素晴らしい。
特に主人公のGabrielleの住むマンションのエレベーターは、本当に洒落てる。

音楽と映像って密な関係で、音楽によって良い映画が駄作になったりその逆もあると思うんだけれど、GabrielleがCD shopで視聴しているSceneでは なんとRadioheadの『creep』が流れる。
 これだけで僕の評価はアガった。笑

Non creditでJohnny Deppが出てる所も、意味不明だけどアリなんでしょう。



今年は沢山いい映画にであいたいなー。



ochiba.