2008年10月31日

way back bar

仕事帰りにちょくちょく寄ってしまう、僕の知り合いがマスターをしているSpanish Bar(バール)を紹介。

名前は『Bar de Kitanozaka』って言って、神戸じゃ中々の立地条件の所にあります。
内装は品がある感じで、シャンデリアと洒落たソファが印象的です。



Spanishなだけあって、シェリーやワインも豊富です。




Bar(バール)だし、お腹空いてても問題無いですし結構お邪魔させていただいてます。
生ハムが絶品ですよー。



マスターとは以前、同じ職場だったし、音楽に限らず映画やらお洒落まで博学な方なので
仲良くさせていただいてます。
気さくな人なんで、もし立ち寄る機会があれば話しかけてみてくださいね!!


Bar de Kitanozaka(バル デ 北野坂)

神戸市中央区中山手通1丁目24-4
078-222-1740

2008年10月30日

November Fest.

もう10月も終わろうとして、すごい秋らしい天候ですね。
朝夕の温度差はすごいので、体調管理に大変ですよねーこの時期。

よく『○○の秋』って形容されるけれど、皆さんにとって何が当てはまるのでしょうか。

食欲? 趣味??

あらたまって趣味って何だと聞かれると答えれる?
俺は結構悩むかも...。

音楽鑑賞とか、美味しいものを食べる、とか生活の一部だと思うから趣味ってもんじゃ無いしなあ。
サッカーになるのかな。

スタジアム観戦とかかなー!!

サッカーの試合ってTVで見るのとスタジアムで見るのは全然違うよー。なんせ迫力が凄い!!
神戸のホームズスタジアムだったら選手との距離も近いから、ボールの蹴る音は当然の事 指示の声や、ボディコンタクトの時の激しさとかもモロに伝わるしね。 
ヴィッセル神戸も凄い調子が良いし、天皇杯の頂点を奪取してACLを目指して欲しいね。

サッカー話になったけれど関連する話に話題を変えよう。

サッカー好きで有名な小説家・村上 龍さんですが、彼の作品中で印象に残った言葉があって、『セックスより気持ち良い瞬間をどれだけ持っているかによって、男の価値は決まる』的な事を言っていたんですが、すごい的を得た言葉だなーって思う。
確かにそうだもんね。

それが何かは人それぞれだけれど、
それだけ打込める・本気になれる何かを持っていると生活に彩りが出てくるよね!!

で、気持ち良い瞬間を提供してくれるであろうeventを紹介!(無理やりすぎかな?)




神戸の僕の先輩達が企画/運営するstudio Bappleさんがこの度、1周年を迎えるにあたって2daysで大きな事やるんです。
詳細はLinkしているので見てもらえたらと思います。
メンツが凄い豪華だし、お客として楽しませてもらう予定です。 

是非、会場でお会いしましょー!


あと、kiss FM主催のfree liveが神戸・ハーバーランドで開催されますよ!
無料ってのも凄いけれど、Melody makerとしては槇原氏にも負けじとも劣らない岡本真夜!
彼女のセンスは本当に凄いと思うんです。有名Hitシングルは去ることながら、アルバム単位で聴くと非常にクオリティーと完成度が高く、音楽家としての魅力がたっぷり詰まっている素直な人だなーって思います。
無料で見れるのは、凄いなあ。

時間が許すならば、両イベント共に是非!!

2008年10月27日

Reload


昨日は少し探している資料があったので実家まで見に行ってきたのですが、うちの書庫の中から沢山のなつかしい資料や使えそうな素材が出てきました。

20才の時に世界の名言を僕が抜粋→製本した資料が10巻まであって、つい見つけて読み入ってしまいました。

たった1行で感動させれる文章を作り上げれる偉人は本当に凄いと思うな。
そういった名作名言で印象に残った文が、

かの有名なWalt Desneyが残した言葉で、

『人間に想像力がある限り、この遊園地は完成しない』 

僕にはとても響く言葉でした。
深みがあるし、重みもあるしね。

ちょっと時間を作って、全て読み返してみようと思います。



それに懐かしいCDとかも出てきて、結構持って帰ってきました。
いつまでも色褪せない曲とか、思い出とかいいなー。
10代の頃に受けた印象やイメージは右脳に直接アタックするらしく、何度聴いても当時の感情達をReload出来るらしいです。

今でもYoutubeで当時好きだったアーティストのLive映像とか見ても、胸が熱くなるしね。
初期衝動は本当にダイレクトに刺激するみたいです。

2008年10月25日

DENIM


僕のお気に入りのデニムなんだけれど、リペアしないといけなくなりました。。

神戸ー大阪あたりで良いリペアしてくれるショップとかありませんか??
知ってたら、mailください!

情報求む!!

2008年10月24日

world wide gig


こないだRadiohead Tour行けなく悔しい思いをしてましたが、来年のバレンタインデーになんとColdplayが神戸ワールド記念ホール2daysが決定したみたい!
今年は大活躍ですね。
サマソニでのLiveは壮絶だったって言いますもんね。

これはチケット争奪戦が凄そう...
なんせ今年世界で1番売れたアルバムがViva la Vidaだとか。

ワールド記念ホールでのGIGって、やっぱりワールドの社員とかって優先販売とかあるのかなー?
偶然にもワールドの企画関係の方と知り合いがいるので、もしかしたら優先してもらえたりするかもね。
まあ、その企画の人の社内での立ち位置によって話は変わるけれどね。笑

ワールド記念ホールは高校生のころoasisのJapan tour行ったきり。。
あの日のGIGが完全は神掛かってたなあ。


それとこないだ、VOXのアンプ買いました!
いやー、やっぱりacosticにはVOXの音色が合いますね。特に僕の好きなBlit soundを作るには
最適です。
Gibsonのギター欲しいなあ。。

2008年10月21日

autumn in...


秋も深まり、毎日気温が下がっていくね。
我が家の大窓から一望出来る六甲山が少しずつ色づいてきたかな?

読書の秋、食欲の秋、芸術の秋。
理由付けはどうであれ、様々な楽しみ方があるけれど、この時期になると僕はある映画を必ず見ています。

『Autumn In Newyork』

これは高校生の頃、劇場まで見に行った映画。
大人のラヴストーリーで、とってもビターだなって思う。
決してHappy endではないけれど、秋のCentral parkがとってもきれいだしRockefeller Centerのスケートパークが出てきたりと、映像美も楽しめる一枚です。

まあ、なんといっても大好きなwinona ryderが本当にcuteってのが醍醐味かも!


個人的に、大好きで思い出深い作品です。

2008年10月16日

VS uzbekistan


World cup south africa'10
asia round
Japan vs Uzbekistan
1 - 1

日本代表はホームでのドローにより勝点1を得たというより勝点2を失った感じがするね。
これによって岡田監督不要論が更に大きくなりそうだけど、果たしてどうなんだろう。

岡田さんは、10年前初めて日本が出場したFrance worldcupで3戦全敗した時の監督だけれど、そういった人が代表監督に復帰するってのは日本ぐらいだろうな。
サッカーではよく言われるけれど、勝てば英雄、負ければ犯罪者ってな扱いを受けるのが世界の常識。
仮を返す為、『世界を驚かせる』と公言してオシムの後を引き継いだけれど、昨日のサッカーじゃちょっと
厳しいかな。

早いパス回しと共に連動するサッカーという日本の持ち味は皆無だったしね。

試合後にTVに映ったサポーターが笑顔でピースサインしてたけれど、これについてNetで物議を催してるみたいです。
難しい問題だよね。
日本を強くする為には、くだらない試合をした選手には怒りを表さないといけないし時には罵声だって必要かもしれない。
でも同じお金を払って初めて見に来てる人だっているし。
遊ぶコンセプトなんて人それぞれな訳で...


それにしても、岡田さんのサッカーは不明な点が多いのは事実。
迷いが見えるし、起用法も理解に苦しむものもある。
掘り返さば、98年の時だって絶対に使う事のない第3のGKを選出してまで当時の絶対的エースであったカズを外したり。。


世論も協会に届いてるだろうし、
次のカタール戦は確実に進退の問われる仕事になるんだろうね。

2008年10月8日

Decralation!!


先々週になるかな?

京都の友達DJ SHINYAのRelese Partyに少し顔を出してきました!

その週末は、めちゃくちゃ忙しくて 夕方から結婚式二次会で旧友達と夜中まで
飲み明かし、その後ホントだったら朝までシンヤのパーティで遊んでたかったけれど
翌朝から友達の葬儀もあって、さすがに朝まで遊べませんでした。。

帰り際にちょっと顔出して直接CDを購入するつもりだったんだけど、何や何やと結構飲んでしまった。
やっぱりアルコールは怖いわ。。
久々にThe Blankの3人(藤井、古畑、杉原)と喋れて、やっぱり同い年っていいなーって思いました。(杉原は同い年?)
先輩、後輩とはまた違った 感覚があるよ!! そろそろ58会(ごっぱち会)を発足させましょう。


相変わらず、ライブがカッコ良すぎた。
時間的にシンヤのPlayを見れなかったから、The Blank見てからは飲みまくってたのですが、
ホントにカッコよかった!!
色んな創作意欲に火を着けてくれる人たちです。

んで、びっくりしたのがDJ YURIKAMAALのビックリ発言でした!!おめでたいなあ。
ユリカとも久々に会えてよかったです。



それで、当日の主役であるDJ SHINYAの初mix『Declaration』を購入。
直接、手渡しで買えてよかった!!
応援してる人には、出来るだけ手売りで買ってあげたいもんです。

見かける機会があったら、是非手にとって見てくださいねー。
内容は文句ありません。 気に食わなかったら返金すると本人も言ってましたし。


※写真はthinkrec.west webから拝借させていただきました。

2008年10月3日

Black october


去る10/1,2はRadiohead Japan Tourでしたね!!

今年の頭にツアーが決定して、当初は関東1ヵ所のみの公演だったんだけれど、大阪での開催も決まり僕もチケットを買いまして、待ちに待ったこの日!!

では、GIGのレポートを...


と、言いたい所だけれど実は行けませんでした。。


何せ仕事がスーパービジーすぎて、行ってる余裕がなかったのです。
エディターサラリーとしては珍しい、僕の神通力とでも言う『有給休暇』が全く行使できず...
今回は泣く泣くあきらめました。

あまったチケット、売ろうかなあなんて考えてたけれど 僕の友達が丁度誕生日だったし普段とても世話になってる上、Radioheadが大好きな人だったのでプレゼントしました。

誕生日&Radiohead tour参加おめでとう!



ま、仕方ないね。




なのでって言うか、慰めという言葉じゃ勿体無さすぎるoasisのNew Albumを遂に購入いたしました。
出来としては、素晴らし過ぎる出来で 今までのoasisを良い意味で裏切ってくれる作品です。
Blit popを消化し、ジャケットの如く混沌としたサイケデリック&ロック!!
完成度が高すぎて今年の名盤の1つです。
さすがモンスターバンドでありますね。

朝からofficeでヘビーローテーションです。




ああ、それにしても昨夜のRadiohead。。

Karma police、jigsaw falling into place、Everything in its Right place聴きたかったなあ。

2008年10月1日

my friend

先週、僕の友人が亡くなった。

彼女とは小学校からの付き合いで、当時はグループで一緒に遊ぶことが多かったなあ。
でも中学生に上がるにつれて、グレはじめ 学校に来る事は少なかったけれど 夜に家を抜け出して皆で遊んだり、一緒に悪いことしたのも今は良い思い出だし、当時から彼女はすっごい大人ッぽくて、艶やかなイメージが鮮明に残ってる。

中学を出てから、僕は高校へ進み 彼女は当然高校に行く訳もなく 夜の世界へと羽ばたいた。
僕はサッカーに音楽など、趣味に没頭していき、彼女とは接点が無くなって行った。
次第に連絡先などが分からなくなり、たまに噂で『~で見た』とかを聞く程度だった。

20歳くらいの頃かな?
突然、5年ぶりに三宮で出会った。
彼女は今でも夜の蝶を続けてた。

その日以来、たまに飲みに行くようになった。
恋愛や近況、それに仕事について熱く、昔のように話し込む事だってあった。
家も僕の近くに偶然引越してきたり、本当に昔を思い出していた。


でも、先週の金曜日。
彼女は自ら命を絶った。
先々週に同窓会の知らせをメールして以来だった。

なにか救える事はあったのかも知れない。
けれど、僕は彼女の闇を見出してあげる事は出来なかった。



葬儀にいったけれど、僕は涙が出なかった。
薄情なのかもしれない。
本当に涙は出なかった。

いまだに信じられないけれど、葬儀が終わってから彼女に『ありがとう』って最後のメールを送った。

blogに書くことは非常識かもしれないけれど、彼女が生きていた証を、僕のスペースで残してあげたい。



Rest In Peace...