2008年2月26日

Web Radio...

昼間、仕事してる時はこないだ言ってたFMを聴いてるけれど 家に帰ったら結構な確立で聴いてしまうのが iTunes Radioの『Beat Basement』です。

これは先日、Flash氏に教えてもらって以来 聴きまくってる。
今までもiTunes Radioって何かパッとするのが無くて、すぐにチャンネルを変えてしまったりしてたけど ここは懐かしい曲がいきなり流れたりするから 本当に面白い。

是非、聴いてみてください。

最近はiPodにPodcastをよく入れるんだけれど、
P.Vからアニメ、落語に英会話と色々なジャンルを入れてるので通勤を楽しむ幅が広がりました。


あと、昨日は大阪城ホールにBjörk来てましたね。
どうだったんだろう。
Björkもテンションによってperformanceの差が激しいみたいなんで、昨日の出来はどうだったのか。

なんだかんだ言って、BjörkはHomogenicが一番好きかも。




ochiba.

2008年2月22日

A hometown...

昨夜は仕事を終わらせてから、 相方のDJ take氏とtrack作業の編集などをするため久々に地元に帰った。

僕の地元は神戸の中心から少し離れた、いわゆる神戸の典型的なBedtownで お金持ちもいれば下町からアガってきた人もいて独特な環境を生み出している。

なので駅前には様々な人種(あえてこう言う)で溢れ変える。
この何とも言えないコントラストに喰らったKids達はたくさんいたし、僕もその1人だった。

僕らの青春時代の舞台は神戸の中心・三宮でもあるけれど 実際はこの駅前の方が思い深い。

この駅前は様々なStreet cultureをmixさせた文化交流的な意味合いが自然と出来ていて、でもこの1つ1つのエレメントがうまい具合にまとまってた感がある。
skateにBMX、Danceに改造原付で暴走、カツアゲ、タグ書きまくってるヤツもいたし 意味不明な言葉を連発するおっさんもいた。

でもそんな景色のすぐそばで、小奇麗な格好をしたマダムが大丸の高級中華料理店でランチをしてstarbucksでお茶してる。  これが日常。



昔は高くて大人のイメージがあって入りずらかったスタバでお茶をしてたら、色々思い出して何かとても時間の経過を思い知らされた感じです。



ochiba.

2008年2月18日

stand by me....


『stand by me』(1986 usa.)

青春記。
無邪気に自分たちだけの盛り上がりとかに一生懸命になれる少年のココロ。

僕らもこういう心を忘れずに毎日生きたいなって思わされました。


ま、storyは超有名なんで実際に話の進行具合は知ってたんだけど 森の綺麗さとか壮大さに加え少年目線での景色が凄い。


すごい友達ってものに考えさせられたし、ほっとした映画でした。



あと、MARC JACOBSからvictria beckhamのT-shirtsが出たみたいなんだけど 夫のDavid Beckhamが着ているの海外のサイトで発見しました。 →http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/showbiz/showbiznews.html?in_article_id=510899&in_page_id=1773


すごい夫婦愛ですね笑





ochiba.

2008年2月17日

Do sports...


昨日、長野 高井富士までsnowbordに行ってきた。
今シーズン何だかんだで行けてなかったので久々のゲレンデはとても気持ちよかった。

あんまり大きなゲレンデでは無かったんだけれど、シーズンど真ん中の週末なのに それ程いっぱいではなくてとっても良いコンディションで滑る事ができた。
ナイターもやったんだけれど、ナイターの時間帯は僕らを合わせても10人くらいしかいなくて完全にpowderをプライベート感覚で楽しめた。

朝一から滑ってナイターまで滑る。
お昼も採らず滑りっぱ。

完全にカラダがバキバキです。。




時間に余裕がなくて、昔ほどガツガツいけなくなったけれど 今シーズンもまだまだ滑りますよー。




ochiba.

2008年2月11日

Kobe walker...

今日は、古い友人の角田氏と三宮を散策したんだけど 今は春節祭なのかな?南京町はすっごい人で溢れ帰ってました。



ここ南京町でも、例の餃子の事件の影響を受けてると思ってたんだけど やっぱり『china free』で、いたる所に『当店は日本で製造、仕入れをしています』てな感じの表札がでてた。
売り上げに関わる以上、『china free』は避けて通れない道なんだなーって考えさせられたもんです。

すぐ近くの国産の有名餃子店『ひょうたん』なんて午後3時前には既に完売で閉店してました。

ある種のブーム、潤う人に乾いてしまう人 色々いるんだろうな。


そんなこんなで栄町にあるselect record shop『disque dessinee』に行ってきました。



ここはこないだまで、三宮に店を構えてて良質なfunk,jazz,bossa,hiphopを扱う神戸で数少ない好きなrecord shopだったんですが、今年に入って栄町に拠点を移したみたいです。
ここのonline shopはよく利用させてもらってて、IRMA関連のCDやbossa,Brazil系のCDを買わせてもらってました。
今日、やっと店にお邪魔出来て色々な音楽を聴かせていただいたり、お話を聞かしていただきました。

結構space的に広くなってて、客層も神戸色がモロに出てる感じです。
この店が売りのbossaやjazzfunkはかなり豊富に扱ってます。
僕は今流行りの『JAZZY HIPHOP』って括りが大嫌いなんですが、結構奥深いマニアックな『JAZZ HIPHOP』が置いてあったのも嬉しかったな。


これからまた足を運ぶ機会が多くなりそうです。


歩き回って足も疲れたし、お茶でもしようって事で僕の好きな(てか、1度行った人はみんな好きかな...)神戸の老舗jazz cafe & barの『Jam Jam』に行きました。



ここは僕の親父が好きだった所で、何度か連れてってもらってました。
去年くらいからちょくちょく自分でも通うようになっていったんですが、ここのウィンナーコーヒーは絶品です!!

見た目は普通のウィンナーコーヒーだけれど、クリームが本当に素晴らしい質感です。
あと、シフォンケーキもマジでうまかったな。無添加なのにココロとカラダと財布にやさしい感じです。


このFrancfrancにも負けじとも劣らない、logo入りcupもイケてるでしょ??


JamJamは昔、本当に会話厳禁ってイメージがあったんだけど最近はlistening areaとtalking areaに分かれててカップルや友達とも入りやすい感じになってます。
listening areaでは、老人やリーマン達がただ無言で1杯のコーヒーを飲みながら jazzを聴いてる感じです。まるで隠れ家と言うべきか都会のオアシスと言うべきかっていう雰囲気。

listening areaはこんな感じ↓


masterが所有するjazzのrecordは本当に凄かったな。
じっくり見してもらいたいくらいです。
今度、counterに座って話してみよっと。


こんな感じでまったり出来た、1日でした。


今は明日の仕事に備え、今日買ったcdや12'inch達を聴いてる所です。



さて、新しい曲達をiPodに入れて明日に備えるかー。

ちなみに僕の携帯電話(古い!!)とiPodは、そっくり。笑




明日もがんばらないとね。




ochiba.

2008年2月10日

The holiday when I wait in a house...

今日は少しだけ作業を書類を整理して1日家でまったりしてた。
最近、ゆっくりって感じで過ごせてなかったからすごいRelaxできた。


家にいる時はいつもこのcounter tableですごしてる。



長い時は何時間もここにいる時もあるけれど、
今日は久々にsofaでまったりできた。

観れてなかったdvd2本を連続で観終えて、今はpcの前。


さっきまで、ずっと聴いてたのがこれ。




僕のマイメンでもあり、昨日の日記に登場した藤井フラッシュ氏の『NEPAL』の看板DJでもあるSUGIHARA THE 3RD.の最新mix。
内容的にはfunk,jazz,hiphopって感じだけれど、jazzfunk色が強いかな。
しっとり聴ける1枚でした。

杉原、ありがとう!
杉原やフラッシュなど執筆の『NEPAL blog』もLinkから飛べるのでcheckしてくださいね。


彼のmix聴いてたらグッとテンションが上がって、最近はまってるrecordをmix。
一人でアガってました。
やっぱりblue noteから出てる12inchは1500番台が良質すぎますね。
個人的には4000番台も好きですが。。



今日は本当に、Lyric書いて、dvd観て、DJやって、美味いcoffee飲んでとすごく まったりとした時間を過ごせました。

たまにはこんな日も必要ですね。



ochiba.

2008年2月9日

good music,good vibe...


こないだ、もう5年来の友人の 藤井フラッシュ氏と久々に メシ食いながら
ゆっくり話す事が出来た。
彼は僕と同い年で、
神戸で一番アットホームなParty、『NEPAL』を主催してて、

さらにはRock de Nasty/Blank to RhythmoというGroupでラップもしている。

彼との出会いは確か僕がただの呑んだくれだった19才くらいの時に主催してた
Partyに出演してもらったのがはじめかな。
地元のやつとか、当時つるんでた仲間でワイワイやろうってPartyで 仲間の1人が
『ヤバイMCがいる』と言ってて じゃあこの際出てもらおうって事になった。

当時の彼は(つか今も)すごい笑顔で話してくれるけれど、人見知り臭が否めない
ヤツだった。笑
ただ単に人見知りなのか、裏があるのか全く検討がつかない謎多きヤツだった。

でもラップに関しては、すごい独特のリズム感があって リアルに嫉妬したのを覚
えてる。
ちなみにそのリズム感は兄譲りというか...彼の兄は関西で超良質Partyで有名な
Sound Controlの唯一のMCであるDSK the BIRIONEである。

余談は置いといて、
その時にもらったDemo CDはいい意味で時代感があって、今でも僕のiPodには収録
されているくらい良い出来だ。
なんともイナたいパンチラインが多い。味があるんだよね。
その後、僕のPartyには頻繁に出てもらうようになって L.AのGuestを招いた時なんか
2人で片言の英語で外人3人を連れて三宮を徘徊したり
フラッシュとは最近、会う回数が少なかったけれど 内容の濃い話もできたし こ
れから色々と動く機会が多そうだし もっと接点が増えていくヤツだと思う。



あとね、
ここ最近、ずっと聴いてるCDがあるんだけれど

そのうちの1つ、『cafe del mar』シリーズの"Volumen Ocho"は本当に
美しいって表現が合うなって思う。



まず、cafe del marについて...
http://lounge.cafe.coocan.jp/music/cafe-del-mar/



IBIZAについて
http://www.higher-frequency.com/j_special/j_ibiza06/cafe_del_mar/index.htm

chill out musicってカテゴライズされるこのシリーズは、
毎年1タイトル発表されるんだけれど、各シリーズ その時代の色が存分に
表されてる、とてつもないCDなんです。

Tha Blue HarbのBoss氏のLyricにも
『cafe del marのolderを信用して待つ』って出てくるのも有名ですね。
たしかTBHもsamplingしてた曲もあったな。

昔、4枚くらい持ってたんだけれど誰かに貸したっきり紛失したま
まだったんだけれど
最近部屋の掃除してたらたまたま出てきたので聴いたら時代が蘇ってきました。

また、集めようかなー。

2008年2月8日

Freedom of expression...

久々に更新。

ここ数日、何かとbusyで家でゆっくりする暇がなかったな。
今夜は残りの書類、音源データ送信とかだけやれば やっとゆっくり
時間が持てそうです!


そういや最近、officeで聴くいい感じのCDがなかったので FMをじっくり聴いたり
してるんだけれど、ラジオって凄い視聴者が多いみたいで言動1つの反響が
すごいらしいです。
先日の、倖田さんの1件もラジオからだもんね。

毎日、最新のHit曲がガンガン流れてて自然とメロディーが耳に残るし、音楽的な
Promotion効果もすごいんだろうな。
だから、JPopのスター達もこぞって地方のラジオに営業回ったりするんでしょう。


で、FMの話なんだけど
TVにしてもラジオにしてもCMはセンスがとっても大事で、人を惹きつける魅力がないと興味も沸きにくい。
softbankのCMも、最初はすごい魅力的だったし、AC(公共広告機構)のCMは何かとメッセージ性が
強い。 NIKEやUNIQLOにしてもやっぱりお洒落感が発揮されてる。

そのFMのCMがすごい楽しいというか、音のみなので企業としてのアピールは
いかに印象に残るか...だと思うんだけれど、
JFN(Japan Fm Network)の『地球温暖化』のCMが強烈だ。

男女の文通がテーマで、季節の手紙を書くっていうストーリー。
はじめは若い男女の声から始まり、次第に年老いて最後の方は老人の低い声になるというCMなんだけれど、青年期の地球、中年期の地球、老人年期の地球がそれぞれ手紙に書かれている。
声だけで表現していく難しさ、想像させる魅力を含めて秀逸だと思います。


こうやって限られた状況下で存分に発揮できるセンス、スキルって色々なfieldで必要になるし、
重宝されるモンだよね。
それはARTでもMusicでも同じで、その瞬間瞬間をどう表現していけるか、どう乗りこなしていけるか
が全てなんだろうなー。


ちょっとした意識1つで物事への取り組み方とかってガラっと変わるもんですね!




ochiba.