2009年1月29日

sumou


また朝青龍が問題だと言われていますね。

優勝決定戦でのガッツポーズに対し、

" 『横綱としての品格が欠ける』と横綱審議委員会が苦言し、
武蔵川理事長が横綱に直接注意しようとしたら既に横綱は帰国しており、処分も考えている "

との事だけれど、本当にくだらない話ですよ。

朝青龍が努力し、やっと結果を出した → 感情が高ぶり、ガッツポーズ

これの何処が品格が無いんだろう。
確かに武道には礼儀を重んじる風習がある。

負けた相手にも敬意を表さないといけないという観点では、ガッツポーズは行き過ぎた行為かもしれない。
実際、翌日のNHKのインタビューで横綱は謝罪していたしね。


でもこれが品格に欠ける、というならば今の相撲は品格の欠片もないのではないか。
何故かと言うと朝青龍のガッツポーズは問題で、高見盛の大げさなパフォーマンスや水戸泉の塩を撒き散らす行為は問題にならない。実際に盛り上がるし客は楽しみにしてるからね。

それによって客足が増える → 興行的に成功となる  という図式が完成する。

単に朝青龍が嫌いという協会側の利己的な観点で問題視してるだけではないのか。


品格や格式にこだわるならば、
国技である相撲に外国人が参入してる時点で論点がズレてしまうし、今横綱は全て外国人であるし、横綱に一番近い大関が8勝7敗という結果がまず問題。

それこそ難しい事を言えば、テレビが見えにくいと言う理由だけで切り、房に変えられてしまった『神様が宿る四方の柱』も元に戻すべきじゃないかな。

それぞれ時代に合ったスタイルに変貌を遂げながら " 興行 " として盛り上げてきておいて、今更外国人力士に対して品格がどうだと言うのは少し理解に苦しむ。

ほんとに健全なスポーツ界の汚い部分が露呈されてるよね。


僕は本当に朝青龍には頑張って欲しいと思っている。

2009年1月27日

Ice Hotel.


今年もIce Hotelがopenしたみたいですね。

このhotelは全て氷で出来ていて、ロビーですら氷点下5℃という極寒のhotel。
以前、中田英寿氏が宿泊した事でも有名ですね。

温暖化の影響により年々営業期間が短くなっているらしい。

緑より、白の方がはっきりと影響が解かるという事を今は理解していかないとね。
緑は植える事が出来るし僕らに出来る事の選択肢は多々あるんだけれど、白に関しては選択肢は殆どない。
それは何にも変えられない事実。

まずは関心を持ってみよう、それが一歩となる。

少しでも興味があるならば、これをきっかけとしてこの雑誌、Days Japanに目を通してみてください。
何か感じるはず。


かといって、
決して泊まりたいとは思わないけれどね。笑

2009年1月26日

WEG vs 夢中夢

朝青龍やりました!!

日本でヒールな存在は煙たがられ、嫌われる風潮だけれども
僕はこういう存在の意義は本当に大きいと思うしとても偉大な横綱でもあるしとても大好き。

協会から大いに嫌われ周囲の批判が大きくなり、やくみつる氏に至っては3日目で引退するとまで言ってましたが
それを見返す精神力と結果。
本人も涙を流し喜び、大きな感動をくれました。

あるTVで、やく氏は『場所前の稽古はダメダメだったのに...。ある種ダメダメ詐欺ですよ。予想が外れた事は申し訳ありません、しかし横綱に頭を下げるくらいならまだまだ注文はある。』と...。
こういった往生際の悪さと言うか、自己価値を下げてしまう発言見ていて愉快になる事は無いと思う。
個人的には非常に不愉快でした。

さんざん騒がせた08年の角界。
朝青龍の優勝インタビューで『僕は帰ってきました。僕は本当に日本が大好きです。』この言葉を協会の上層部の方々は重んじるべきではないか、と思う。

本当に優勝決定戦の一番はとても立派でした。おめでとうございます。



それとこの土曜日、
お陰さまで前回お伝えしてたWorld'sEnd GirlfriendのLiveに無事行くことが出来ました。

とある方が仕事の都合がつかなくなったので譲ってくれたんだけれど、本当に嬉しかった。
ありがとうございました。


で、レポートだけれど
会場に着くや、パンパンで既に中に入れない状況。
これだけパンパンの中でLiveを見たのはいつ振りだろうか、それくらいホントにパンパンでした。
何とか見渡しの良い場所を確保する事ができ、既に演奏が始まっていた大阪代表・夢中夢を観た。

確か観たのは2度目だと思うけれど、
前回は流し見みたいな感じであまりインパクトが残ってなくて今回が初めて見るみたいなもんでしたが、バンド独自の世界観は相当凄かったです。
女性Vo.の声はジブリ映画に合いそうな声質。心地よい感じでした。


それにしても、やはりWEG。
やっと、やっっっと観れたんですが間違いなかった。
これだけクラったのは初めてTHA BLUE HERBを観た時以来かもしれない。それぐらい衝撃が凄かった。
もう少しフロアにゆとりが欲しかったけれど、あの弦楽器四重奏には相当もっていかれたなー。

Scorpius CircusからWe are the massacreへの流れはある種反則に近いほどのズルさでもあるけれど、その音色ひとつひとつが本当に綺麗で流れも壮大でヤバかったです。


今回は写真撮影禁止だったらしく、ろくな写真がなくて申し訳ないけれど本当に楽しかった!!

2009年1月22日

world'send girlfriend



やってしまった...。

5年越でもあり、念願のworld'send girlfriendの大阪公演のチケットを取るのを
忘れてて今HP見たらsold outとの文字が。。

無念すぎる。
スピーカーの前で前田勝彦のギターリフを聴きたすぎる!!


当日、会場まで行っても無理かなあ。

ちょっと作戦立ててみるか...。

取れなかったらホントにワールズエンドだ。。。

2009年1月20日

LAVA.


BossaとかBrazil,Latinが好きな人には超有名人ですが、
僕の好きな音楽家でもあるLAVAさんが今年遂にアルバムを発表するようです。
しかも5年ぶり!!

もう前作から5年も経つのかーって思ったけれど、マジで個人的にめちゃくちゃ楽しみ。

Bossa とか聴かない人は誰っ?って感じだと思うけれど、有名所で言うならばNujabes率いるHyde Out Pro.のV.Aにも提供してたり、スタジオジブリのJazzアレンジのV.Aとかに提供してたりするから持ってる人は改めてクレジットを見直してみても いいかも。

この人のDJ playは未だ観たことが無いけれど、時たま大阪NOONとかに来てたりするみたいで、全っ然タイミングが合わない!!(これは非常に悔しい。。)

もし聴く機会があれば、一度聴いてみてください。

僕の曲を何度も聴いた事ある人は『HUG misic』というアルバムを聴いたら『はっ!』と思うかもしれません。笑
どのアルバムも名作だと思います。


僕の友達BMXライダーの井谷雅あたりのライディングと非常に相性が良さそうな気がするよ。
次のDVDに出る時は検討してみては??

2009年1月13日

party,party...

この週末に、高校時代の友人の結婚パーティーに参加してきました。

懐かしい面々や恩師からのビデオメッセージ、そして何より新郎新婦のハッピーな笑顔がとっても和やかにしてくれました。

オーガナイザーの余興はほんとに手が凝ってたし、沢山祝いに来てくれてて本当に友達に愛されてるんだなーってつくづく思いました。

こういうハッピーな空間にご一緒させてもらったら、結婚ていいなって思うけれど、、、
実際にはまだ難しいかなあ。笑

ここでも朝方までどんちゃん騒ぎは続いて...

年末からの暴飲暴食のせいか、ずっと体の調子が悪くて少し苦しい毎日です。
七草粥を食べる訳でもなく、ずーっと飲んでたもんなー。
なので最近はヘルシーなメニューをずっと採っています。

これで、胃袋が落ち着くなあと思った矢先...


昨日の出来事ですが、
ずーっとBaliに住んでいるSAMさんという先輩に出くわしたのです。
彼もまた、酒豪でFunkyで。。とてつもなくインパクトの強い先輩なんですが、また再会の杯を交わさせられ,,,って感じで体が悲鳴を上げています。。


今週からは、いつものペースを取り戻すべく大人しくしてようかな。

2009年1月9日

Hongkong is Hongkong!!


昨日、2009年一番目に出来た友達の香港人、shon-wangが帰国した。

正月に飲み屋で意気投合して、朝まで語りあった仲。
ションは、香港のアクタースクールの子息で、今はDOLCE & GABBANAやZARAのコレクションモデルをしている。
仕事で10日程来日してたみたいで、非常にスケジュールがタイトだったんだけれど
ゆっくり飲みたいって事で色々飲み歩きました。

日本でいうボンボンだけれど、凄いしっかりした考えを持っている。

口癖は『Hongkong is Hongkong!!』。
なんせ愛国心が凄い人。 

香港は中国やイングランドとは違うって事に誇りを持って生きている人で、
日本は良き友達だと思うけれど、もっと文化への愛着とオリジナリティーを
もった方がいいよって言ってました。。

彼も沢木耕太郎が好きらしく、『深夜特急』では香港編が一番好きだよって言ったら、
『midnight express is cooooool!!!』って言って周りのオジサン達と乾杯してました。笑

そしてBlack musicが大好きで、香港で行われたLouis Vuittonのパーティーに出演した際にKanye Westと意気投合し語ってたらしいけれど日本のhiphopのクオリティーは本当に素晴らしいって言っていた。
ZEEBRAの初期作品や、Buddha brandは特に素晴らしいと。


夏に香港と台湾へ一緒に行く予定だから、向こうの文化に触れるのが楽しみ!

2009年1月8日

T-G.


昨夜、クライアントと会社のパーティが終わってから家でまったりと音楽を聴いていたんだけどやっぱりTommy Guerreroはマジで格好いいね。

彼の音楽は縦ノリも横ノリも関係なく虜にしてしまう所が凄いと思う。
そういうアーティストって日本人ですぐに思いつくのはやはりTHA BLUE HERBだと思う。
幾度とTBHのliveには行ったけれど、バンドマンやラッパー、リスナー関係なく虜になってる。
数知れない程のバンドマンがRecomendしたりしてるもんね、実際。

Tommy Guerreroも同じで、
土 俵orizinのINDENさんが、その昔カジカジという関西ファッションマガジンで20歳の人に絶対お薦めしたいアーティストと言ってた事もあった し、Hi-STANDARDの横山健さんが『ゲレロのようなアルバムを作りたい。ギタリストとして非常に嫉妬している』と言ってた程。
それぐらい音楽家に届くアーティスト。

彼らに共通するのはやはり、スケート。
俺自身、10代の頃はほんとに魅了されたしスケーターの存在はいちいち格好よかった。
地元の駅にも腐る程スケーターはいたし、夜のセンター街は憧れだった。

(過去の記載を参照)

ExpressionのVHSの最後にlive映像が入っているWORD SWINGAZにもスケーターはクラってた。

スケーターはいつの時代も2歩も3歩も先を行く、とは本当に的を得た言葉だ。

なんか昔を懐かしんでたら、
クライアントに頂いたワインにヤラれて眠りについてしまいました。。

2009年1月7日

Try and Error.


2009、どういった年になるだろうか。

オイルマネーの崩壊、ビッグ3の破綻、ジャパンカンパニーの縮小...

明るい要素の方が少ない世の中であるのは事実だけれど、
見方を変えれば尚明るいかもしれない。

某ハイパーメディアクリエイターが言ってたけれど、異常気象に慣れる為に
一ヶ所に定住するスタイルを破壊してトライ&エラーを繰り返す。
その中で自分の確たるスタイルを構築していく というのもありかもね。

アメリカがくしゃみをすれば、風邪をひいてしまう日本であっても、自分という
ブランド?個性?を明確に把握してトライ&エラーをす繰り返せば全くの余裕で回避だって出来ると思うし、
企業に属さなくても出来ることはまだまだ沢山あるのも事実。

自分なりのグローバルな視点(世界規模って意味でなく)と、自身の将来設計を怠るのだけは絶対にやめようと思う。

最後に自分を守るのは自分の力だよ、本当に。

去年、何年振りかに立てた目標は達成出来たものもあるし、その逆もある。
今年も新たに目標を立てたのでそれにこだわって毎日を過ごしていこう。
これもトライ&エラーだね。


ガザの悲劇が一刻も早く終わるように。
理由はいらない。殺しちゃいけない。

2009年1月5日

start of 2009


明けましておめでとうございます。
今年はもっともっと更新したいなって思ってます。

昨年末から正月にかけて、様々な出来事がありました。
普段会えなかった友達が帰郷してきたのもあり、色々な席で美味しいお酒を飲んで懐かしい人と出会う事が出来ました。

会えない人は年1回、ないしは2年に1回しか会えない事すら有り得るので、こういう機会は本当に嬉しいですね。

年末には個人的に悲しい出来事もあったんですが、男はシャキっとして嬉しい事も、悲しい事も共に経験して大きくなって行こうと思います。

そして初出勤の今日、
打ち合わせの為にJRに乗ろうとしたらいきなりの人身事故による運転見合わせ!
遅れは1時間15分!!


いやー、ついてないなあ。。