2009年1月29日

sumou


また朝青龍が問題だと言われていますね。

優勝決定戦でのガッツポーズに対し、

" 『横綱としての品格が欠ける』と横綱審議委員会が苦言し、
武蔵川理事長が横綱に直接注意しようとしたら既に横綱は帰国しており、処分も考えている "

との事だけれど、本当にくだらない話ですよ。

朝青龍が努力し、やっと結果を出した → 感情が高ぶり、ガッツポーズ

これの何処が品格が無いんだろう。
確かに武道には礼儀を重んじる風習がある。

負けた相手にも敬意を表さないといけないという観点では、ガッツポーズは行き過ぎた行為かもしれない。
実際、翌日のNHKのインタビューで横綱は謝罪していたしね。


でもこれが品格に欠ける、というならば今の相撲は品格の欠片もないのではないか。
何故かと言うと朝青龍のガッツポーズは問題で、高見盛の大げさなパフォーマンスや水戸泉の塩を撒き散らす行為は問題にならない。実際に盛り上がるし客は楽しみにしてるからね。

それによって客足が増える → 興行的に成功となる  という図式が完成する。

単に朝青龍が嫌いという協会側の利己的な観点で問題視してるだけではないのか。


品格や格式にこだわるならば、
国技である相撲に外国人が参入してる時点で論点がズレてしまうし、今横綱は全て外国人であるし、横綱に一番近い大関が8勝7敗という結果がまず問題。

それこそ難しい事を言えば、テレビが見えにくいと言う理由だけで切り、房に変えられてしまった『神様が宿る四方の柱』も元に戻すべきじゃないかな。

それぞれ時代に合ったスタイルに変貌を遂げながら " 興行 " として盛り上げてきておいて、今更外国人力士に対して品格がどうだと言うのは少し理解に苦しむ。

ほんとに健全なスポーツ界の汚い部分が露呈されてるよね。


僕は本当に朝青龍には頑張って欲しいと思っている。