2008年10月16日

VS uzbekistan


World cup south africa'10
asia round
Japan vs Uzbekistan
1 - 1

日本代表はホームでのドローにより勝点1を得たというより勝点2を失った感じがするね。
これによって岡田監督不要論が更に大きくなりそうだけど、果たしてどうなんだろう。

岡田さんは、10年前初めて日本が出場したFrance worldcupで3戦全敗した時の監督だけれど、そういった人が代表監督に復帰するってのは日本ぐらいだろうな。
サッカーではよく言われるけれど、勝てば英雄、負ければ犯罪者ってな扱いを受けるのが世界の常識。
仮を返す為、『世界を驚かせる』と公言してオシムの後を引き継いだけれど、昨日のサッカーじゃちょっと
厳しいかな。

早いパス回しと共に連動するサッカーという日本の持ち味は皆無だったしね。

試合後にTVに映ったサポーターが笑顔でピースサインしてたけれど、これについてNetで物議を催してるみたいです。
難しい問題だよね。
日本を強くする為には、くだらない試合をした選手には怒りを表さないといけないし時には罵声だって必要かもしれない。
でも同じお金を払って初めて見に来てる人だっているし。
遊ぶコンセプトなんて人それぞれな訳で...


それにしても、岡田さんのサッカーは不明な点が多いのは事実。
迷いが見えるし、起用法も理解に苦しむものもある。
掘り返さば、98年の時だって絶対に使う事のない第3のGKを選出してまで当時の絶対的エースであったカズを外したり。。


世論も協会に届いてるだろうし、
次のカタール戦は確実に進退の問われる仕事になるんだろうね。