2009年5月12日

GW tour in Tokushima


Day 2,at Tokushima


鳴門海峡大橋を渡り、鳴門海峡記念館を散策しライダー憧れの鳴門スカイラインを堪能し途中、鳴門の廃墟を眺める。




このスカイライン道中には過疎化の影響なのか、はたまた観光産業衰退の影響なのか廃墟が目立っていた。

とても眺めのよいホテル跡地なんで、さぞかし昔は栄えたであろうメトロポリスは姿を変え、現在は徳島ヤングガイズ達の心霊スポット化してるらしい。。
廃墟があるって事は行政から考えれば負の遺産でしかないかもしれない。

事件、事故、火災、犯罪などの不安因子は数えればキリがないし、プラスに働く要素はほぼないに等しい。
しかし廃墟の美学というのは必ず存在していると思うし、有名な軍艦島や僕の大好きな神戸にある摩耶観光ホテルなど当時の生活を現代に語る歴史新聞にすら成りえると思う。

管理者の考えとは正反対だろうから何とも言いがたいけど...。