2011年2月17日

RUN


最近、流行りの?ランを始めているが、賛否両論あれど僕は音楽を聴きながら走りたい派。

BPMは120前後が軽快に走れたりするけど、先日DJ DUCTさんのmixを聴きながら走ったら、これがまたとても心地よくて、鼓動とテンションと空気感がマッチした 何とも言えない爽快感があった。

音楽家とアーティストの違い...そんな定義を語るのは面倒くさい。
ただ、純粋にカッコいい音楽を作ってる 良き先輩&兄貴だ。

福岡でClub BASEのカウンターで芋パインを飲みながらILL SLANG BLOWKERのYURAさんとダクさんの音について語った事もあったな。
Oilworks事務所でOliveoilさん、Popyoilさん達とも語った。 懐かしい2005年前後の話。
あの頃の神戸のシーンのホーミー的な感覚はとても心地よかったのを覚えてる。

ダクさんをはじめ、僕らのホームでもあったClub Pi:Zの6周年のパーティは相当ヤバくて、あれを超えるパーティに神戸で出会ったことはない。


DJ KRUSH,DJ DUCT,MOOCHY,土俵orizin,太華etc...今思い返してもイカツイメンツ。。笑

DJ KRUSHの代名詞『KEMURI』がかかった時のフロアからの悲鳴にもにた歓声!!
僕の知ってる時代ではあの頃が、シーンのホーミー的な感覚、としては2005年前後が一番良かった。


まあ、昔話はいいとして今聴いてもまたダクさんの新しさを感じ、ついついロングランをしてしまった。(あぶない、、ペースは守らないと。。)

週3回のラン。
今日は何を聴きながら、何を思いながら走ろうかな。