2008年3月21日

70's music and now...

一昨日、レコ屋に行き家でまったりと聴けるレコードを探してたら70年代のオムニバスLPが売ってたんだけれどそこにcreditされてる曲がとっても良い感じでした。

A盤はCarpentersから始まるんだけれど、SuperstarにTop of the world、Close to youとか入ってて入門編的な選曲はやっぱり聴きやすいね。
特にclose to youのintroでかなりグっときてしまう。
小学生の頃の冬の朝を思い出してしまうなー。

他には今、アメリカでMichael Jacksonのスリラー25周年記念盤と共にノリに乗ってるSérgio Mendesとかも入ってる。
Brasilian FunkやBossa好きなら知らない人はいないという、Sérgio Mendesは確か06'にBlack Eyed PeasからWill i.amをProducerに迎えてアルバムを発表してましたよね?これはhiphop色が強かったんだけれど最新作はBrasil色が強くて、往年の サウンドをブチかましてるみたいですよ。

Bossaの生誕50周年記念アルバムみたいで、World Cereblationがテーマらしく全世界のセレブがゲストとして参加しています。
BEPのFergieや独自のAfrican Soundを展開するZapp MamaからNatalie Coleといった面々に加え、何が凄いってのはアジアを代表してDreams Come Trueが参加している事ですよね。
FMではFergieとの曲『Look of love』がヘビーで流れてるから代表曲なんだろうけれど、DCTとの曲も凄いよかった!!
iTMSで買ったけれど、CDで買ってしまおうか迷ってるくらい。
Fergieとの曲は
Sérgio Mendes自身がBrazil'66と共にカバーしてた曲みたいですね!



まあ、Sérgio Mendesの紹介は置いといて そのLPには超有名曲『Mas Que Nada』はもちろん、The Beatlesのカバー曲『Daytripper』とかも入っており、こちらも入門的な感じでした。
お風呂上りに照明を落としての60後半~70年代初期の音は、凄くよかったです。

あのストリングスとキャッチーな女性の声がが疲れた体に染み込みます!!


特に70年代の女性アーティストのジャケは個人的に大好きです。
基本的に今みてもイケてるファッションしてますよねー、女性限定だけれど。。



ochiba.