2008年7月18日

ope

父の手術が無事に終了したとの報告を受けて一安心しています。

これを機に、椎間板ヘルニアというものに関する 非常にたくさんのサイトに目を通してみて いかに辛いかというものを理解出来たような気がする。(と、言っても実際になった人にしか分からない部分が大半。)
手術といっても、メスを入れる部分はすこしで内視鏡での施術なので傷口は小さく済むとの事でホッとした。

ドクターからの報告によると、10年間手術をして1件あるかないかという位に大きな突起物が出来ており、父は非常に辛かったみたいだ。
9割の患者が完治するみたいだし、元気になったら打ちっぱなしにでも連れてってあげようと思う。