2008年12月5日

old and new.

これ、僕の大事にしている愛器です。




YAMAHA FG-350Eという型番で年代は1972年。実に36年近く弾き続けられているので低音の鳴りがハンパないです。
アコースティックってのは弾けば弾くほど鳴りが深くなっていくもんで、ワインと同じようなものです。

木で出来ている以上、生きている訳で 弾かなければ鳴らなくなります。
ワインだって呼吸をしている訳で、それはギターにしても同じでしょう。

これのギターを10年程前に頂き、今もバリバリの現役。

これからも手入れは怠らず、付き合っていければなって思える代物です。







あ、それとこないだ遊びに行ったHARVESTでデジカメがクラッシュしてしまったんだけれど、
ついに新たに買い替えましたよ。


オダギリジョーがCMしている一番最新のixy degital 920isにしました。
webサイトでオダギリさんが撮った写真も見れますよ。


これマジでヤベっ!!