2009年2月18日

Change in mode of expression.




最近僕の好きなアーティストのLIBROがALL Instrumental のアルバムを出したんですが 、彼が声を出すのをやめてトラックで勝負しているのが少し寂しいです。

しかし、傑作だと思う。
レビューでもあるように、リズムから景色が思い起こさせる程の説得力のあるメイキングスキル。

本当にこのままカムバックしてほしいな。

で、この流れでhiphop好きなら一度は必ず聴いたであろう名作『胎動』を聴いてました。



これを聴くといつも、昔よく世話になった先輩のドビンスキーさんを思い出します。
収録曲の『Doytena2000』に参加してるってのもあるけれど、僕が今まで見た中で最も格好良いと思えるラッパーです。(いつ見ても曲名にパンチがあるなあ。笑 WU-TANG、GFK好きは無条件で気になる曲名ですね。笑)

幾度か『今から飲もうぜー』てな具合で年下の僕を誘ってくれ、2人で飲みに連れてってくれたりしたもんです。

ライミングのセンスが抜群で、かつオリジナリティーの塊。
少し気難しい所もあったけれど、僕の中で後にも先にも神戸で彼を超えるぐらいグッとくる
ラッパーは生まれないだろうな。


彼は阪神大震災のレクイエムコンピレーション『10years after the Earthquake』を製作したり、その収録曲の一番のクラシック『阪神大震災』のリリックは本当にグッと来るもんがある。
もう4年程前なんだなー。。


最近は会う機会が皆無だけれど、
もしかしたら未だ自分自身との戦いの最中かもしれないけれど、いつかまたゆっくり酒でも飲めたらなあ。


元気にしてるかな。