2009年9月29日

Gadget

最近のガジェットの進歩は目まぐるしいほどスピードが早くて、利便性も増している。
昨日、新型が発売されたかと思えば、3ヶ月先にはNewModelsにチェンジされてたり。

ホントに発展は素晴らしく、ありがたいものであります。


しかし1つユーザーからの問いかけとしては、「脆すぎる!!」 これに尽きると思う。

ガジェットは、より精密になり、より高感度になっていくけど その代償としてタフさがなくなったね。
携帯にしても、デジカメにしても。
ガジェットの進化の恩恵をもろに受けている人には、その覚悟は十分に持ち合わせているだろうけれど進歩に着いていかない人にはある意味迷惑かも。

特に携帯電話。

カメラがつき、音楽が聴けて、アプリを楽しめる。 そして買い物まで出来てしまう利便性。

しかし若い人以外がこのサービスを求めているかと言えば少し違う気がする。

僕の親戚は、お酒の席で、あぐらをかいでいた時にポケットから携帯が落ちた。
ほんの5センチ程の高さから。
すると一切電源が入らなくなりキャリアに対応をお願いしても、ユーザーの過失の為保障外と言われたらしい。

また携帯本体の価格は機能の進歩により一昔前に比べたら目玉が飛び出すくらい高騰してる。例えば僕らの親の世代がこれだけの金額を払ってまで、これだけ豊富な機能を求めているだろうか。

確かに昔の携帯は分厚くてタフだった気がするね。
機能性は格段にあがるけれど、その分脆くなっている。
偏った見かたかもしれないけど昭和の人間と、平成の人間のような症状。

高校生の頃使ってた、ウォークマン「Shockwave」なんて、これでもかってくらいタフでしたよ!笑
迷彩柄にSupremeのステッカーを貼って、audiotechnicaのヘッドホンで大活躍してくれました。


何が良くて何が悪いのか。何が便利で何が不便なのか。


ユーザーにとては、選択肢が広い方が絶対に良い!