2009年11月8日

coin laundry

あまり理解してくれる人はいないだろうけど、僕は高校生の頃からコインランドリーが大好きなんです。

なんていうか、あの無機質な感じや恐怖すら覚えてしまうある種の幾何学的なシンメトリーな世界。


ランドリー内で他愛も無い週刊誌に目を通し、iPodでお気に入りの曲を聴く。
深夜なんて訪れる人は少し変わった人が多いし(端から見たら僕もその1人かな?笑)、でもその1人1人にもオリジナルな人生がある。。

ただ単純にランドリーにart的な感覚を覚えてしまう訳です。

なんか、無機質の中のartな世界はStanrey Kubrickの世界に通ずる所があると思えてしかたない。



何かしら今後、ランドリーを題材にした作品を作ってみようと思います。(音楽なのか、紙面なのかはまだ何も決めてないけどね。。)