2009年11月20日

Thierry Henry


ワールドカップ欧州予選のプレーオフ、凄いことになってます。

問題の試合はフランスVSアイルランド。
1stレグはフランスの1-0で勝利、2ndレグはアイルランドの1-0で勝利って事で、総得点数が同じで延長戦に。
勝つか負けるか、最後の1点をめぐり熾烈な争いは疑惑のゴールで幕を閉じ、フランスの予選通過が決まった。

ボールをトラップする際に手にあたり、そこでアイルランドはハンドを要求、しかし笛はならずフランスがゴールを決めた。

試合後、アンリはハンドを認めたが笛がなっていないのでプレーを続けたと語った。
しかしこの写真で座り込んでしまっているアイルランドのエース、ロビー・キーンの皮肉なメッセージ。
「おそらく、(フランスのW杯出場に)多くの人が拍手を送っていることだろう。
プラティニもブラッターも、フランスがW杯に出場することになって満足感に浸り、携帯電話でメッセージでも送り合ったんじゃないか」
僕は笛がなるまでプレーを止めてはいけないと習った。
だからゴールはゴールだと思う。でもアイルランドの気持ち...つらいでしょう。

批判の矢面に立たされている、アンリ。。
僕はアンリを応援したい。