2010年1月12日

analog vs digital??



Kindleの日本語サービスは一体いつになったら開始するんでしょう。。

本は持ち運ぶにも、保管しておくのにもかさ張るし電子書籍は個人的に重宝すると思うから常に動向はチェックしてるつもりですが、、、。
日本へのマーケティングは充分過ぎるほど行っているだろうし、アメリカじゃ既に電子書籍の売り上げが通常の書籍を上回ったらしいのに。
ためらっている理由はなんなんだろう。。

年末のブログでも書いたけれど、数多くの雑誌が休刊、または廃刊すると思われる書籍業界。
デジタル化が全て正しいって訳ではないのも事実。

僕はなんだかんだで本の質感が好きだし、図書館だって好き。
これははっきり言って無くなると困る。
でも新しいガジェットも大好きなもんで、Kindleは非常に欲しい。確かに楽チンそうだし。

デジタルとアナログの融合?
いやデジタルとアナログは融合する事が非常に不快というか、本質的に無理。

アナログはアナログの、デジタルはデジタルの味があって、両方を共に嗜むのが僕なりの楽しみ方です。

なのでiTMSから音楽は買うけど、我が家のレコードは一向に減らない。笑