2011年9月14日

Re:cycle



DEAN & DELCAのトートバッグを街で持ってる人もだいぶ少なくなってきたなーって思うけど、僕も結構前に購入した事があった。たぶん2007年くらい。マグカップだって持ってるから、結構ファンである。

そもそもこのデリを一番最初に知ったのは、意外や意外、古着屋でだったと記憶してる。
この古着屋は神戸の中で割と贔屓してた古着屋で、カバン類の中に白のトートが混じってたのを発見したのが覚えてる限り一番最初。

昔からフォントマニアっ気はあったらしく、シンプルかつ妙に洒落たフォントを使ったロゴ入りバッグに一目惚れ。
スタッフに教えてもらった話では『NYにあるスーパーらいしよ~』なんて言ってた気がする。

関西人の僕としては格式のあるスーパーって言ったらIkariだったけど、お世辞にもお洒落とは思えなくて 幼心に『こんな洒落たスーパーで買い物できる大人になりて~』なんて思ってた。
今じゃ笑い話かも。全然IKARIスーパーのクオリティすげぇっす。

DEAN & DELCAの品質基準を満たしてないBAGも勿論あるんだろうけど、それは新品同様な訳で そこにPASS THE BATONが目を付けてリメイク&リサイクルしたのは凄いと思う。
こういう風に付加価値が付くと新たな購買層を獲得できる事だって全然あり得るんすよね。
僕の仕事でも今、付加価値についてとても考えさせられてるし、参考になりました。

デザイン的にも僕個人は好きだし(フォントマニアです。。)、個人として購入しようかと迷っているのも事実。 お弁当サイズかな。






エコ、リサイクルが叫ばれてる世の中でも、やっぱりエコバッグにもデザインは欲しいし、かといってエコバッグを沢山持つってのは そもそもの目的からズレてるとも思う。

でもこんな動きは大賛成でありますな。