2018年12月17日

もうすぐ2018が過ぎ行きます


年の瀬も迫り、今年を振り返る事も多くなってきたけど 皆様にとっての2018はどうだったでしょうか?
今年を表す漢字が「災」という事で、自然災害が目立った1年だったと思う。
幸いにも僕の住む街は、今年の自然災害では大きな影響が無かったから、今こうして平和に暮らしているけど
いつ何が起こるかはわからないから、1日の重みをしっかりと感じていたいと思う。

余談:
昨日の夜、北海道で爆発事故が起こり、店舗が木っ端微塵となった。
札幌の豊平は平岸。そう、TBHのお膝元。
まだ原因究明は出来てないけど、死人が出なかった事が不幸中の幸い。
お怪我をされた方、あなたには明日がある。お見舞い申し上げます。


さて、僕自身の2018は、どちらかと言うとクラウディー感強めだったと思っている。
というのは、自分の中でこの1年で成し遂げたと胸張って言えるものが見当たらず
惰性で生きたというか、ただぼんやり日々を過ごしたなという印象が強い。

もう30代も半ばを越え
特にモンスターなエンジンを積んだスーパーカーに乗っている訳ではないのに
1年という感覚的なスピードが20代とは桁違いで、同時に概念は全く変わってしまっている。

そのハイスピードな1年を振り返った時に、
妙なクラウディー感が一番に感じられたって事は非常に不作だったと言わざるを得ない。
来年はもう少し充実させれたらいいなー。

もちろん良い事、楽しい事もいっぱいあったけどね!

10年前を振り返ってみたら、当時25歳。
どうやら10年前の今日、安藤忠雄座談会に参加していたみたい。

10年経った今も、あの言葉は当てはまる。

「今の日本人は、革命の起こし方を知らない」

痛烈だ。